カイケイジオウ(ゴマノハグサ科)
Rehmannia glutinosa (Scrophulariaceae)

中国原産の多年草で漢方の要薬ジオウ(地黄)の基原植物。花期5~7月。根をそのまま乾燥したものを乾地黄、蒸して乾燥したものを熟地黄と称するが、漢方では区別して用いられる。乾地黄は止血、清熱を目的として八味地黄丸などに、熟地黄を補血、強壮を目的として十全大補湯などに配合される。

kaikeijiou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.15;帝京大学薬用植物園)