ケイトウ(ヒユ科)
Celosia cristata (Amaranthaceae)

アジア、アフリカの熱帯原産といわれる多年草。日本へは奈良時代に伝わり、万葉集に「韓藍(からあい)」とあるのは本種のことで、藍の名は移し染めに用いたから。名の由来は花の形を鶏頭に見立てたことによる。本草綱目では花穂を鶏冠花と呼び、止血・止瀉薬とする。嘉祐本草に鶏冠子があり、種子を基原とするが、今日では同属種のノゲイトウを青葙子(セイソウシ)として用いる。

keitou
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2009.10.10;八王子市南大沢)