キバナオウギ(マメ科)
Astragalus mongholicus var. dahuricus (Fabaceae)

本州中部以北と北海道、中国、朝鮮半島の亜高山帯から高山帯に分布する多年草。局方の学名はA. membranaceusであるが、Flora of ChinaはA. mongholicusの異名とし、YListはその変種var. dahuricusとしている。ごく近縁の種に北海道の高山に生えるタイツリオウギA. shinanensisがあり、キバナオウギと同種とする見解もある。根を黄耆(神農本草経上品)と称し、虚弱体質の体質改善などを目的とした多くの漢方処方に配合される。

kibanaougi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.9.7;北海道医療大薬用植物園)