コブシ(モクレン科)
Magnolia kobus (Magnoliaceae)

本邦各地の山野に生える落葉小高木~高木。つぼみをシンイ(辛夷)と称し、辛夷清肺湯など頭痛、鼻炎などを目的とした漢方処方に配合する。シトラールなどからなる精油を3~4%含む。古くはつぼみを「こぶしはじかみ」と称し、香辛料とした。名の由来はつぼみの形がこぶしに似ていることによる。

kobushi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2002.3月;帝京大学薬用植物園)