コガネバナ(シソ科)
Scutellaria baicalensis (Lamiaceae)

中国北部原産の多年草。花期7~8月。周皮を除いた根をオウゴン(黄芩)と称し、消炎、解熱を目的とし黄連解毒湯、大柴胡湯などの漢方処方に配合される。根にはバイカリン (Baicalin)オウゴニン (Wogonin)などフラボンやポリフェノール配糖体アクテオシド(Acteoside)に富む。根の鮮黄色はフラボンに基づき、時を経たものは色あせる。

koganebana

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.3;帝京大学薬用植物園)