クコ(ナス科)
Lycium chinense (Solanaceae)

日本全土の川の土手や溝の縁に生える落葉低木。花期8~11月。果実を枸杞子(クコシ)、根皮を地骨皮(ジコッピ)と称して、強壮、解熱、止瀉薬とする。根にはクコアミンA,Bなどのポリアミンアルカロイドや各種アミド誘導体が含まれる。一方、果実はβ—カロテンなどのカロテノイドを含み、アルカロイドの存在は知られていない。

kuko

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(花:2004.8.26;実(円内):2004.10.18;帝京大学薬用植物園)