オオムギ(イネ科)
Hordeum vulgare var. vulgare (Poaceae)

中東原産といわれる一年草。初版局方は外殻と種皮を除いた種子を大麦の名で収載し、緩和剤として用いた。また、名医別録にある蘖米はオオムギのモヤシのことで、本草綱目でそれを麦芽と称し、今日に至る。消化、健胃を目的とする漢方処方に配合する。

oomugi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.5.5;八王子市中山)