オウレン(キンポウゲ科)
Coptis japonica (Ranunculaceae)

九州を除く本邦各地の山地の林内に生える多年草。花期3~4月。根茎をオウレン(黄連)と称して苦味健胃薬、整腸薬として用いる。また漢方でも重用され、三黄瀉心湯、黄連解毒湯などに主薬として配合される。アルカロイドを含み、主成分はベルベリン(berberine)。(→関連ページ

ouren

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.3.8;帝京大学薬用植物園)