トクサ(トクサ科)
Equisetum hyemale (Equisetaceae)

本州中部以北のわが国を始め、東アジア北部から欧州、北米に分布する多年生シダ。茎を木賊と称し、消炎、利尿、収斂などの目的で薬用とするが、漢方ではほとんど用いない。茎を乾燥したものを昔は研磨剤として用い、砥草の名の由来となった。

tokusa
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2011.9.13;帝京大学薬用植物園)