チャノキ(ツバキ科)
Camellia sinensis (Theaceae)

中国南部山岳地域原産といわれる常緑低木~小高木。花期秋~冬。九州の一部に自生状態で存在する。若葉を短時間セイロで蒸した後(醗酵させないため)、加熱して乾燥、手もみしたものを緑茶として飲用する。緑茶の渋味は(+)-カテキン(d-catechin)(-)-エピカテキン(l-epicatechin)、(-)-ガロエピカテキン(l-galloepicatechin)を始めとする緑茶タンニンである。一方、ウーロン茶や紅茶はカテキンが縮合したタイプのタンニンを含む。その他、カフェイン(caffeine)テオフィリン(theophylline)が含まれ、カフェインの製造原料とする。(→関連ページ

chanoki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.10.18;帝京大学薬用植物園)