オオバコ科 Plantaginaceae
ジギタリス Digitalis purpurea
薬用部位: 欧州原産の多年草。花期5~7月。強心配糖体を多く含み、強心利尿薬ジギトキシンdigitoxin)の製造原料となる。強心配糖体のほかジギトニンなどのサポニンも含まれている。本種の葉はハーブの一種コンフリー(ヒレハリソウ)としばしば誤認され、中毒事件が発生する。(→関連リンク1関連リンク2
jigitarisu
→ホーム(2007.5.28;東京都薬用植物園)