スズラン(キジカクシ科)
Convallaria majalis var. manshurica (Asparagaceae)

北海道、本州、九州の山地や高原の草地に生える多年草。花期は4~6月。花に芳香がある。庭にスズランとして植えられるのは、多くの場合、より花が大きく花序が葉の上に出て見栄えの良いドイツスズランである。スズランの別名を君影草と称するのは、在来種の花序が葉の影に隠れて咲く様を表わしたものなので、ドイツスズランも君影草と呼ぶのは正しくない。根、根茎に強心配糖体コンバラトキシン、コンバラトキソールをを含み、強心利尿薬とするが、薬としての使用は難しく一般的には有毒植物とされる。(→関連ページ

suzuran

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.5.9;帝京大学薬用植物園)