アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)
Cocculus trilobus (Menispermaceae)

北海道西南部以南の本邦各地の山野に生える落葉藤本。葉は広卵形で互生し、縁は全縁ないし3浅裂する。花期7~8月。茎根を木防已(モクボウイ)と称し、利尿、鎮痛、解熱、緩下薬とする。因みにボウイ(防已)とはオオツヅラフジSinomenium acutumの茎根である。全草にアルカロイドを含み有毒。名は青葛藤で、つる性で茎が青々としている(鮮やかな緑色)のでこの名がある。葛籠を編むのに使われた原料の一つ。

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。

aotsudzurafuji

→戻る:PCmobile(2004.6.24;相模湖町寸沢嵐)