イグサ(イグサ科)
Juncus decipiens (Juncaceae)

本邦全土の山野の湿地に生える多年草。花期6~9月。茎は円柱形で、鱗片状に退化した葉は下部につき目立たない。花は見かけ上茎の途中につけるが、もともと先端だったのが後で苞がのびた結果である。茎の髄を燈心草(トウシンソウ)と称し、利尿薬とする。同属種にクサイコウガイゼキショウがある。名の由来はわからない。

igusa

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.19;八王子市中山)