イヌホオズキ(ナス科)
Solanum nigrum (Solanaceae)

本邦全土の畑や道端に生える一年草。葉は互生し、広卵形で縁に波状の鋸歯がある。花期8~10月。全草を竜葵(リュウキ)と称し、利尿、解熱、強壮薬とする。たむしやものもらいにも使うという。類似種にアメリカイヌホオズキがあるが、花冠は反り返り、また花軸(果軸)の先に花(果実)が集まらないので区別できる。名は犬ホオズキで、ホオズキPhysalis alkekengi var. franchetiiに似ているが役に立たないのでこのように名付けられた。

inuhozuki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.9.12;八王子市南大沢)