ウツボグサ(シソ科)
Prunella vulgaris subsp. asiatica (Lamiaceae)

本邦各地の山野に生える多年草。葉は対生し、披針形で縁に浅い鋸歯がある。花期6~8月。花穂を生薬カゴソウ(夏枯れ草)と称し、利尿および消炎薬として、腫物や浮腫に、また眼球の痛み、流涙などに用いる。欧州原産のセイヨウウツボグサと近縁でよく似る。名は靭草で、花穂の形が弓矢を入れる靭(うつぼ)に似ていることに因む。

utsubogusa
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.6.19;八王子市南大沢)