キツネノカミソリ(ユリ科)
Lycoris sanguinea var. sanguinea (Liliaceae)

本州、四国、九州の山野に生える多年草。葉が枯れた後、8~9月頃、花茎が伸びて咲く。ヒガンバナと同じように鱗茎を石蒜セキサンと称し、催吐、去痰薬とする。成分としてリコリンほかノルベラディンに由来するアルカロイドを含み、有毒である。名は狐の剃刀で、葉の形を剃刀に見立てたという。

kitsunenokamisori

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.24;津久井町青山)