チヂミザサ(イネ科)
Oplismenus undulatifolius> (Poaceae)

本邦各地の山野の林内や道端に生える多年草。花期8~10月。毛による変異が多く、写真のものは花序軸などに毛の多いケチヂミザサと称されるタイプである。名は葉が笹に似て縁が縮れていることによる。熟果は粘つき、衣服につく。

chijimizasa

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.9.19;町田市小山)