タマノカンアオイ(ウマノスズクサ科)
Asarum tamaense (Aristolochiaceae)

関東地方西南部の丘陵の林内に生える常緑の多年草。葉は長い柄をもち、卵円形~広楕円形で基部は深い心形、表面は光沢がありしばしば白色の斑紋がある。花期は3~4月。本種はカンアオイ属の中では多摩丘陵と周辺部にのみ特産する種ということでその名の由来がある。自生地の開発に伴い、個体数が急激に減少し、絶滅危惧種に指定されている。

tamanokan-aoi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.17;八王子市南大沢)