五倍子ゴバイシ(ウルシ科)
Rhus javanica var. chinensis (Anacardiaceae)

葉にヌルデノシロアブラムシが寄生してできた虫こぶ。没食子と同じく、ガロタンニンに富み、タンニン酸の製造原料とする。文献上では唐代の「本草拾遺」に初見し、腫れ物、歯痛などに用いる。漢方で用いるのは「和剤局方」の玉鎖丹などまれである。(→関連ページ

gobaishi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2015.9.28;八王子市南大沢 首都大学東京構内)