ナツトウダイ(トウダイグサ科)
Euphorbia sieboldiana (Euphorbiaceae)

本邦各地の丘陵や山地に生える多年草。葉は三角状卵形で全縁、先は鈍頭で互生し、上部で対生する2個の葉の間から杯状花序を出す。花期は4~5月で、「ナツ」といいながらこの仲間ではもっとも早く咲く。根を民間で瀉下薬とする。有毒植物。同属類似種にタカトウダイトウダイグサがあり、いずれもトウダイの名を冠する。トウダイは燈台で花の形が昔のローソクを用いた照明に似ているから。

natsutoudai

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.15;相模湖町寸沢嵐)