ネズミサシ(ヒノキ科)
Juniperus rigida (Cupressaceae)

北海道を除く本邦各地の日当たりのよい丘陵や花崗岩地に生える常緑高木。葉は線形で先は鋭く尖り、触ると痛いので、これをネズミの通路に置くとネズミが刺されるので嫌って来なくなるとして、ネズミサシとも称し、これが詰まってネズになった。花期は4~5月。球果を杜松実(トショウジツ;欧州原産のJ. communisの果実)の代用とし、発汗、利尿に用いる。また、洋酒の着香料とする。

nezumisashi
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2009.10.9;相模湖町寸沢嵐)