ニシキギ(ニシキギ科)
Euonymus alatus f. alatus (Celastraceae)

本邦各地の山野に普通に生える落葉低木。葉は対生し、倒卵形~広倒披針形で先は尖り、縁に細かい鋸歯がある。花期5~6月。本種は枝にコルク質の翼が発達するのが特徴で、それがないタイプをコマユミf. ciliatodentatusと称する。枝を鬼箭羽(キセンウ)と称し、通経、駆お血薬とする。同属種にマユミツリバナがあり、よく似ている。名は錦木で、秋の美しい紅葉の様を錦に見立てた。

nishikigi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.31;八王子市南大沢)