ノイバラ(バラ科)
Rosa multiflora (Rosaceae)

本邦各地の山野に普通に生える落葉低木。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は卵形~長楕円形で縁に浅い鋸歯があり、表面には光沢がない。類似種にテリハノイバラアズマイバラがあるが、葉の形態および葉柄に合着した櫛の歯のように裂けた大きな托葉で区別できる。花期5~6月。赤く熟した果実を生薬エイジツ(営実)と称し、峻下薬とする。成分としてマルチフロリンA (multiflorin A)などのフラボノール配糖体を含む。名は野茨で、イバラとは刺のある植物の総称であるが、この場合はバラの意味である。

noibara

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.5.22;八王子市南大沢)