ヒロハコンロンソウ(アブラナ科)
Cardamine appendiculata (Brassicaceae)

中部地方以北の本州山地の渓流沿いの湿地に生える越年草。葉は長い柄のある奇数羽状複葉で互生し、小葉は長楕円形で先は尖り、縁に鋸歯がある。花期は5~6月。コンロンは中国の崑崙山脈に由来するといわれるが、その詳細は不明である。同じ名をもつ種にマルバコンロンソウがあり、いずれもタネツケバナと同属である。

hirohakonronsou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.1;相模湖町寸沢嵐)