マルバハギ(マメ科)
Lespedeza cyrtobotrya (Fabaceae)

本州、四国、九州の日当たりのよい山地に生える落葉低木。葉は3出複葉で互生し、小葉は楕円形~倒卵形で先は円く全縁。花期は8~10月で葉の脇から短い総状花序を出し、花柄は基部の葉柄より短い。同属類似種にキハギツクシハギがある。名は丸葉萩で、葉が丸いからである。

marubahagi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.9.10;相模湖町寸沢嵐)