メギ(メギ科)
Berberis thunbergii (Berberidaceae)

関東地方以西の山野に生える落葉低木。葉は互生し、倒卵形~狭倒卵形で先はやや丸く、全縁。花期4~5月。材を小蘗(ショウベキ)と称し、苦味健胃薬とする。また、葉と茎の煎液は洗眼薬とするので、目木の名の由来がある。材は黄色を呈するが、ベルベリン系アルカロイドを含むためである。

megi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.23;相模湖町寸沢嵐)