ミヤマチドメ(ウコギ科)
Hydrocotyle yabei var. japonica (Araliaceae)

本州、四国、九州の山地のやや湿り気のある木陰に生える匍匐性多年草。葉は腎円形で7裂に中裂し、基部は深い心形。花期は6~9月。チドメグサ属は葉の形がみなよく似ている(本図鑑収載のオオチドメオオバチドメを参照)が、本種は葉の径は6~15mmと小さく中ほどまで深く切れ込み(6~7裂)があるので区別しやすい。名は深山血止めで、山に生えるチドメグサの意味である。

miyamachidome

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.10.15;相模湖町寸沢嵐)