ミヤマキケマン(ケシ科)
Corydalis pallida var.tenuis (Papaveraceae)

近畿地方以東の本州の山野に生える越年草。葉は1~2回羽状複葉で互生する。花期は4~6月。プロトピンなどのベンジルイソキノリンアルカロイドを含み有毒。名の由来は深山黄ケマンであり、山に生え黄色のケマンに似た花を咲かせるのでこの名がある。ケマンとは中国原産のケシ科植物ケマンソウDicentra spectabilisのことである。同属種にムラサキケマンジロボウエンゴサクがある。

miyamakikeman
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.21;相模湖町寸沢嵐)