ヤブマオ(イラクサ科)
Boehmeria japonica var. longispica (Urticaceae)

本邦各地の山野に普通に生える多年草。葉は対生し、卵状長楕円形で先は尾状に尖り、縁に粗い鋸歯がある。花期は8~10月。雌雄同格で、写真は雌花序である。根または全草を水禾麻(スイカマ)と称し、去風、除湿に用いる。同属類似種にメヤブマオがある。名は薮マオで、マオとは苧麻(カラムシ)のことをいうが、その由来は不明である。

yabumao

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.4;八王子市中山)