ヤブツルアズキ(マメ科)
Vigna angularis var. nipponensis (Fabaceae)

本州、四国、九州の草地に生えるつる性多年草。葉は3出複葉で互生し、小葉は卵形で先は尖り、全縁、時に3浅裂する。花期は8~10月。栽培植物アズキ(A. angularis)の原植物といわれる。名の由来も薮ツルアズキで、つる性のアズキの野生種の意味である。

yabutsuruazuki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.8.22;八王子市鑓水)