ヤマブキソウ(ケシ科)
Hylomecon japonica (Papaveraceae)

本州、四国、九州の山野の林内に生える多年草。花期は4~6月。名前は花がヤマブキと同じく鮮やかな黄色であることに由来するが、植物分類学的にはクサノオウと同属でアルカロイドを含み有毒である。

yamabukisou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.9;相模湖町寸沢嵐)