ヤマエンゴサク(ケシ科)
Corydalis lineariloba (Papaveraceae)

本州、四国、九州の山野の林内に生える多年草。葉は2~3回3出複葉で、小葉は3~4裂する。花期4~5月。類似種のジロボウエンゴサクとともに塊茎を生薬エンゴサク(延胡索)の代用として漢方で鎮痙、鎮痛、駆?血薬とし、頭痛、腹痛、生理痛などに用いる。同属種にムラサキケマンミヤマキケマンがあるが、これらは塊茎を形成せず、薬用価値はない。本種を含め、同属種はいずれもプロトピンほかベンジルイソキノリンアルカロイドを含む。名は山延胡索に由来する。

yamaengosaku

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.4.24;八王子市柚木)