ユズリハ(ユズリハ科)
Daphniphyllum macropodum (Daphniphyllaceae)

福島県以南の本州、四国、九州の山地に生える常緑高木。同属種にヒメユズリハなどがある。花期5~6月。縁起木として正月の飾りに使う他、庭木、公園樹として植栽される。葉の煎汁を民間で駆虫薬とする。ダフニフィリンほかユズリハアルカロイドと称するものを含み有毒である。名は万葉名の由豆流波(ゆずるは)に由来するが、譲葉で初夏に新葉が開くと夏から秋に2年葉が落葉すること、つまり新しい葉が伸びてから古い葉が落ちるからだという。

yuzuriha

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.5.4;八王子市南大沢)