答弁書


原告   澤    功生
被告   阪急電鉄株式会社

答弁書
                
                 被告訴訟代理人
                           弁護士    畑    守人
                            同      竹林  竜太郎  

1  原告の請求をいずれも棄却する。
2  訴訟費用は原告の負担とする。
との判決を求める。

請求の原因に対する答弁
                         
                追って答弁する。

被告の主張

                追って答弁する。
                                       以上
トップへ
トップへ
戻る
戻る