配布物、二回目。
5月22日より配布



裁判情報

多数の傍聴ありがとうございました。

去る、4月24日あいにくの雨模様の中、澤 功生の人権裁判の初公判が、大阪地裁608号
法廷に傍聴席に入りきれないほどの傍聴者が詰めかける中、
原告側、澤 功生本人、徳井 義幸弁護士、奥野 京子弁護士、
被告側、竹林 竜太郎弁護士、の4名が出廷して。
下田 敦史裁判長のもと10時より開廷しました。

裁判長より訴状に対しての質問の後、原告側、徳井弁護士より本人が4月10日より乗務職場
に復帰している事の説明があり、その後、被告側弁護士より、次回公判まで1ヶ月以上の時間
が必要との要請があり、また、今後も多くの傍聴者が予想され、傍聴席のある法廷が必要との
ことで、次回公判を、6月26日、15時より同じく608号法廷にて開廷との決定がありました。


次回公判、大阪地裁608号法廷にて
6月26日、木曜日、15時より開廷

阪急電鉄と裁判で闘う阪急社員のサイト
http://www2.odn.ne.jp/hakyu-saiban




トップへ
トップへ
戻る
戻る