Essay


そうなんだ。

ヒコーキは格好良いのだ。
ヒコーキは美しいのだ。
ヒコーキはココロが踊るのだ。
ヒコーキは夢があるのだ。
ヒコーキはロマンがあるのだ。

とおく、たかく、どこまでも青い空に翼を広げて飛び立つその姿。
とおい、海の向こうの国から飛来して着陸する躍動感。
つばさを休めて空港にたたずむ静寂感。



とおく、はやく、たかく飛ぶために一切の無駄を省いた
究極の造形美「旅客機」。
きっと、みんなとっくにヒコーキが素敵であることは知っているはず。
だから、みんなのそんな気持ちに気付いてもらえる為に、
わたしは写真を撮ってこのホームページからみんなに
ヒコーキの素敵さを、伝えるよ。

Copyright c Naoki Sugisaki All rights reserved

●Home●