青木 裕史
青木 裕史の60色の夢 プロフィール 
1952年 1月10日 静岡県藤枝市に生まれる。 3歳頃より店のカウンターをステージに見立て歌いめる。早くも歌手気取り
1956年 4月 藤枝西幼稚園入園 先生にすすめられ童謡コンクールに出場。
1958年 4月 藤枝第2(現・中央)小学校入学 毎週1回必ず1人で映画を観に行き学校から親が呼び出され叱られる。
1964年 4月 藤枝中学校入学 合唱部で活躍。 3年生の時にはNHK合唱コンクール県大会で優勝。TBS子供音楽コンクール独唱の部で東日本大会で1位になる。自慢話でスミマセン。
1967年 4月  県立藤枝東高校入学 『進学校』の体制に早くも1カ月で嫌気がさし、好きな道を行こうと決意。高1の5月より本格的に声楽とピアノのレッスンを開始。学校の勉強とかけ持ちで慢性睡眠不足。
1970年 4月  東京芸術大学音楽学部声楽科入学 クラシック唱法による日本語の不自然さに疑問を抱いていた頃、友人と”パリ祭”のコンサートに行き、シャンソンに魅せられる。
1974年 3月  卒業 何のためらいもなくポピュラー畑に転向。 NHK教育TV”ワン・ツ・ードン”にレギュラー出演。
1975年 7月  第12回日本シャンソンコンクール入賞。
1976年   キングレコード専属歌手となり100曲以上の童謡、叙情歌、他を吹き込む。全国各地をスクールコンサートで廻る。
1977年 4月  旅の終り”でシングルデビュー。ユースホステルの愛唱歌として競作で話題となる。
1978年〜   シャンソンのライブハウス他で歌い始める。シャンソンの祭典”パリ祭”に初出場。現在まで34回連続出演を重ねる。
1982年   静岡SBS学苑にてシャンソン講座開講。翌年沼津教室開講。続いて東京吉祥寺”近鉄アカデミア”でもシャンソ講座を開講。教室バブル時代突入。シャンソンをメインとして活動開始。ファーストアルバム”初恋・別れ・片思い”発売。
1985年   大塚博堂の遺作”かすみ草哀歌”発売。10周年リサイタル(有楽町朝日ホール)ステージをかすみ草で埋めつくす。
1986年   競作となり話題となった”百万本のバラ”発売。アルバム”愛の旅立ち”発売。
1988年   門下生と共にパリにてシャンソンコンセール開催。
1990年   男性シャンソン歌手グループ”サンク・オム”の一員としてパリ”パラディ・ラタン”とアンドレ・マルロー劇場にてコンサート。
1993年   NHK文化センター青山教室開講。
1994年   浜離宮朝日ホールにてクラシックのジャンル以外で初めての試みの”青木裕史シャンソンリサイタル”開催。(朝日新聞社主催)豪華客船”おせあにっく”・ぐれいす”号を貸し切り門下生と共に洋上コンサート開催。
1996年   ミュージカル”シェルブールの雨傘”に準主役で出演。好評を得て2003年まで計5回の再演を重ねる。
1999年 Visual song show”THE SINGERS”出演。歌の他に、得意の?ダンスも披露。2003年まで再演を重ねる。第2回門下生と共にパリに手シャンソンコンセールを開催。
2000年 3月  東京會館フィスティバル 青木裕史25周年記念ディナーショー。
2000年 11月  青木裕史25周年リサイタル(有楽町朝日ホール) さいたま新都心”NHK文化センター”にてシャンソン講座開講。続いて国立”NHK学園”にて開講。
2004年   30周年リサイタル(新橋ヤクルトホール)
2009年
  7枚目のニューアルバム”愛は限りなく”発売。 35周年リサイタル(浜離宮朝日ホール)
2011年
  青木裕史ドラマチックコンサート(新橋ヤクルトホール)
    日本アマチュアシャンソンコンクールの審査員に選出される。
2013年   昭和音楽大学付属音楽バレエ教室にて”シャンソン講座”を開講。