『できる☆』が育つ家

国産材の梁・桁は、赤松から径の太い杉に移行しています
総ヒノキの家
桧は世界でもっとも優れた建築材料で、総桧はかなり贅沢なつくり

東白川村の東濃桧柱、奥美濃の桧梁の構造材

強度、木目、感触、色艶、香り、通直性、加工性等、桧は世界一。
神宮・仏閣をはじめ、古代・中近近世の主要な日本建築が桧を多用。
ジパング=黄金の国と呼ばれたは、桧建築の輝きから由来するという説があるほど。
木造建築をすべて桧材でつくるという「檜御殿」、すぐ思いあたるのが伊勢神宮。
すべて節のない檜でつくるとすれば大変な贅沢で、御殿と呼ばれてしまう。
適材適所というものの、建築用材として優等生の檜ですべてつくれば、色合い良く、美しい。
「桧御殿」は高値の華ですが、『節なし』に執着しなければ、材価が安い今日、手が届きます。
桧の一等材で、土台・柱梁、そして床板・壁板・天井板も桧とし、左官の手を織り込みます。

竪のヴィラ

棟梁 今までの住居はRC造。居間が1階、寝室が3階に。
快適に休憩でき、くつろげる場を、ということで別棟離れを構想。
木造は当初からでしたが、外壁に石を貼りたいという要望に?
本石を貼るなら、躯体がしっかりしたRC造か鉄骨造しか難しい。
ベースサイディングの上に厚13の石張り工法で、木造に対応。
構造体からの出を抑えるため外断熱は止め、内断熱を採用。
防湿シートが不要、吸放湿性と吸音性でセルロースファイバーを使用。
基礎と屋根は外断熱で、次世代基準以上の断熱性を獲得。
床下は130cmあり、設備配管・機器と維持管理スペースに。
床下のエアコンからダクトと床孔からゆっくり空気循環。
穏やかな全室空調と木・土・紙の素材で清澄な空間を実現。
棟上げ

玄関 階段 ホール −外−
石張り/ベースサイディング
しっくい塗り/波ラスモルタル
ゴムアスルーフィング/木摺
通気層
ヒートストッパー
タイベックシート
ダイライト厚12
セルロースファイバー厚75〜120
−内−
▲ 玄関ホール ▲ 階 段 >▲ 玄関ホール ▲ 外壁仕様
居間 洗面・バス 石貼り 天井:桧板厚12張り
サワラ板厚12張り

壁:珪藻土&しっくい塗り
腰:桧板厚12張り

2F床:桧フローリング厚24張り
1F床:楢フローリング厚15張り
▲ 居 間 ▲ 洗面&バス ▲ 石貼りコーナー ▲ 内部仕様
吹抜け 休憩室 休憩室 瀬戸市

近隣商業・準工業地域
防火指定なし

離れ
木造2階建
延べ75u

高断熱仕様(次世代基準)
▲ 居間からの見上げ ▲ 2階休憩室 ▲ 2階休憩室 ▲ 建築概要

Back Top Next
(株)綜設計: 名古屋市中村区太閤4-5-18-202
TEL 052(485)6078  FAX 052(451)3177
関連サイト 高い天井のマンション 医院建築・歯科医院
iv>