住まいの基本は、家族。家づくりの基本は、自然素材。身体と心は、木の家に親しみを覚え、変化する空間を求める。
『できる☆』が育つ家

石油系断熱材は避けたい、鉱物系断熱材は湿気対策が難しい
天然素材断熱の家
自然素材なら、木繊維板、セルロースファイバー、ひつじの毛

自然な家、あるいは自然の断熱材を考えるとき、どんな素材があるでしょうか。
藁も茅も立派な断熱材。茅葺きとかストローハウスがあります。
木も実はなかなかの断熱保温材。杉は厚み20cmで次世代基準をクリア可。
最近では、杉や桧の皮を加工して板状にした断熱ボードが開発されています。
でも、断熱的には高性能とは言えず、どうしても厚みが必要で、実際には扱いが難しい。
柱サイズ10.5〜12cmの厚みでできるのが羊毛とセルロース・ファイバー。
共に防虫対策や防火対策でホウ酸が使われ、バージン使用ではありませんが。
この二つの自然素材は、大変吸放湿性能が良く、蓄湿力が高く、気密シート不要が魅力です。

ひつじの毛をまとったお家

Town Ship = Queen Sachi / まち船 = クイーン・サチ号

配置図 陸を行く船
歩み出すと、頬が空気を、胸が光の束を切る
雨・風を返し、雪をかわし、雷鳴に身構える
川面なら水飛沫をあげ、霧に佇む
まちなら喧騒を蹴散らし、思いを招く
ゆっくり、アクティヴに
住まいは、家族が乗り合う船
さぁー、漕ぎ出そう
立面図

外観 食堂・台所 北の居間 屋根:カラーステンレス葺き
ルーフィング/通気ボード
ひつじ君
外壁:掻き落し
波ラスモルタル
木摺/ゴムアスルーフィング
通気層/通気ボード
ひつじ君
▲ 道路より正面 ▲ 南の居間より食堂・台所 ▲ 北の居間 ▲ 屋根・外壁仕様
2F書斎 吹抜け 夕景 天井 セルロースレーヨン他

壁 珪藻土塗り他

床 栗フローリング他

内断熱
1F床暖+個別空調
▲ 2階ワークスペース ▲ 北の居間より吹抜け ▲ 外観夕景 ▲ 内部仕様

Back Top Next
Sousekkei co.ltd   2-12-1,Higashisakura,Higashiku,Nagoya,aichi,japan
TEL 052(937)7525   FAX 052(937)7505
(株)綜設計: 名古屋市中村区太閤4-5-18-202
TEL 052(485)6078  FAX 052(451)3177
関連サイト 高い天井のマンション 医院建築・歯科医院