タイトル

《 毛呂山町編 》

毛呂山町

毛呂山町には毛呂本郷囃子保存会と長瀬囃子保存会の2つの団体が確認できました。

毛呂山町の囃子連

※表記順は数字優先のアイウエオ順です。
※写真(画像)の無断使用、転載等禁止。

《 毛呂本郷囃子保存会 》
モロホンゴウハヤシホゾンカイ
毛呂本郷
囃子の流派は江戸神田囃子大橋流。
戦前より川島より伝わった囃子はあったが、
正式に習ったのは、昭和22年で越生町本町親和会より伝承。
昭和46年頃には毛呂本郷囃子保存会を結成。
山車は2台(1台は屋台)所有。大きい方の山車は
昭和61年に新造されたもの。その前にあった山車は
越生町仲町から譲渡されたものといわれ、今は入間市新光に譲渡された。
もう1台は子若用の山車(屋台)で、大正8年に
越生町本町から譲渡された、牛若丸の人形を乗せた単層鉾型の
人形山車であったものを現在の屋台型に改造したとされる。
詳細はこちら。

《 長瀬囃子保存会 》
ナガセハヤシホゾンカイ
長瀬
囃子の流派は江戸神田囃子大橋流。
以前は豊年踊りなどをやっていたが、昭和5年頃に
入西村新堀(現坂戸市)より道具を買い入れ、ニンバを
演奏していた。その後、南高麗の下畑(現飯能市)より
大橋流を伝授された。囃子連は昭和6年の発足。昭和46年に
保存会を結成し、現在に至る。お座敷囃子と称され、
ストーリー性のある段物を行っている。演奏は不定期であるが、
氏子である出雲伊波比神社の春の祭礼に、神楽殿で演奏を行っている。

もどる