EVENT情報
金延幸子"み空" 2019 * JAPAN TOUR
出演:金延幸子、オオルタイチ
2019/11/18(月)coffeehouse 拾得
19時開演 前売予約3000円/当日3500円

メール予約は拾得予約オフィスにて受付中
*予約は定員に達したため締め切りました。
(お電話によるご予約はできません)
前売チケット(優先入場)は店頭のみにて数枚のみ発売中
いずれも整理番号付きです。お早めにどうぞ
Bio.
『日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在として知られる金延幸子。
音楽好きの家庭で育ち、60年代半ばからカレッジフォーク・シーンをきっかけとしてギターと歌を始める。
ドノヴァン、ペンタングルなどのUKフォークのパイオニアたちを聴きながらギターと作曲を学び、
69年に中川イサトらと"秘密結社〇〇教団"のメンバーとしてシングル「あくまのお話し / アリス」でURCから作曲とレコーディングデビュー。
のち同メンバーで"愚"として活動。
はっぴいえんど、遠藤賢司らと同期に春一番、中津川フォークジャンボリーなどのフェスティバルに出演し、
72年に大滝詠一プロデュースのシングル「時にまかせて」、細野晴臣プロデュースのアルバム「み空」でソロ・デビューする。
直後に世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊した音楽ライターポールウィリアムズと結婚して渡米し、
いずれカリフォルニア州のソノマ地域に移住する。
親友であったSF作家フィリップ・K・ディックの主張により、80年代に音楽活動を再起し、
シングル「Fork in the Road / Tokyo Song」を自主制作する。
80-90年代にはロック・バンド "カルチャーショック" のリーダーとしてアメリカ、ヨーロッパで活躍。
94年に日本の音楽シーンに復帰。98年には『Fork in the Road』、99年には『Sachiko』を発表。
同期に国内で「み空」のリイシューがされ、再評価される。
2019年に米Light In The Attic レーベルから「み空」のリイシューされ、世界的に評価される。
現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本でライブ活動を再起している。』