CQの出し方・特定局の呼び出し方と応答の例
 ■はじめに
 ■呼び出し前の確認
 ■呼出と応答方法
  レピータ、DVゲートウェイ、dmonitor
変かな?,間違ってる? 呼び出し方
不要です?


【はじめに】

■D-STARの運用についての決まりは特にありません
 CQの出し方や特定局を呼び出す場合は、アマチュア無線の慣例やレピータを利用
 する時のマナー・モラルを意識するようにしましょう。
 (基本は「無線局運用規則 第八章」です)

D-STARレピータを使用する時はJARL管理サーバーに必ず登録が必要です!

レピータの連続使用、長時間使用にならないように注意しましょう。
  FMレピータのように強制3分タイムアウトはありませんが、レピータ運用という
  ことを考慮しましょう。
  ・CQを出す時や他局を呼び出す時は、簡潔に行いましょう。
    相手局の無線機にコールサインが表示されるので、確認が容易です。
  ・CQを何度も連続して行うのは控えましょう。
  ・QSOは短時間を心がけましょう。広域レピータは特に注意!
   ※30分とか1時間近い連続使用が散見されます。他局が使えません!
    D-STARレピータはゲート越えで他のレピータからも接続もあります。
   ※広域レピータは使用する局やワッチ局が多いレピータです。
 参考
  "レピータの利用の交信は簡潔に…手短に…"は こちら (JARL WEB)


【呼び出し前の確認】

CQを出す時や他局を呼び出す時は。
 ・事前によくワッチしてレピータが使用中でないか、又、他局がゲート越え先
  から自局が使用するレピータ宛に呼出中でないかを確かめましょう。
  (無線局運用規則)
  ※FMで電波を出して慣例的な「チャンネルチェック」は不要です。
   FM(シンブレックス)も同じですが、レピータですのでワッチしていれば
   使用しているかどうかがわかります
 ・応答する局がどのように設定すれば良いかがわかるため、自局が使用している
  レピータの名称とゲート越えの場合(TOやURにレピータを設定)は、接続先の
  レピータの名称をアナウンスをしましょう。
  (ゲート越え:TOやURに CQCQCQ でなく、レビータを設定した場合)
  重要:コールサイン指定呼出の時は、どこのレピータに接続されているかが
     わからないため、接続先のレピータの名称をアナウンスをすることは
     できません。
     コールサイン指定呼出の意味と解説 → こちら です。

ゲート越えやコールサイン指定呼出の時は、カーチャンクをして接続先の
 レピータが使用中かどうかを確かめましょう。
 また、カーチャンクをすることにより自局の電波のアクセス状態やゲート越えの
 状態も確認できます。
 ※「コールサン指定呼出」の時もどこのレピータに接続されるかがわからない
  ため同様です。
 ・UR?: が表示されれば大丈夫です。(正常状態です)
      山かけ(TOやURが CQCQCQ)のときも一度カーチャンクをして UR?
      表示されれば、レピータへのアクセス状態は正常です。
  重要UR?が表示されても接続先のレピータがメンテナンス中や停波している
      ため接続できてない場合があります。
      レピータ運用・メンテナンス情報こちら です。
 ・RPT?: が表示された場合は、接続先レピータが使用中の時がほとんどです。
      無線機のMY(自局のコールサイン)やTOやURに設定した相手局の
      コールサインにミスがある場合や、レピータの不具合でゲート越えが
      できない時も表示されます。
 ・RX: が表示された時は、自局の電波がレピータへのアクセス状況が悪い場合や
     無線機のMY(自局のコールサイン)が未設定などが考えられます。
     (UR?:RX: は、山かけの時も同様です)

参考:コールサインの設定や登録については こちら です。
参考:確認方法の解説(運用のポイント)は こちら(PDF) です。

 ※ゲート越えの時のカーチャンクは、少し間をあけて2回行うことをお勧め
  します。
   ・2回とも「UR?」が表示されれば、ほぼOKです。
   ・接続先のレピータでQSOをしている局の「どうぞ・了解」の間に
    割り込みをしている場合があります。

 ※不要なカーチャンクや頻繁にカーチャンクをするのはやめましょう。
   複数のレピータを順番に、手当たり次第にカーチャンクをしている局が
   ありますが、これもやめましょう!
   前述の通り、使用中の局やゲート越えからの局が応答を待っている時が
   あるので、よくワッチして確認は必須です。


【呼出と応答方法】

CQを出す場合
 ■山かけ (ゲート越えをしない時、TOやUR「CQCQCQ」の時)
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、さいたま南レピータ山かけです。
      どなたかQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx1xxx です。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。

 ■ゲート越え (TOやUR「レピータ」の時)
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ
      です
      須賀川レピータでお聞きの局QSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7zzz、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURを「さいたま南」にするか
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。

 ■DVゲートウェイ (ターミナルモード・アクセスポイントモード)
  注:DVゲートウェイは、必ず「ゲート越え通信」になります。
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、ターミナルモード(アクセスポイント
      モード)から須賀川レピータです。
      須賀川レピータでお聞きの局QSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7zzz、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。

 ■dmonitor
  〇山かけ運用
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、dmonitorから須賀川レピータ山かけ
      です。
      お聞きの局QSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7zzz です。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。
  〇ゲート越え運用
  呼出例:CQCQCQ こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川
      レピータです。dmonitor運用です。
      須賀川レピータお聞きの局QSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx1xxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURを「さいたま南」にするか
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。

特定の局を呼び出す場合(「コールサイン指定呼出」でない場合)
 ■山かけ (ゲート越えをしない時、TOやURが「CQCQCQ」の時)
  呼出例:Jx1xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータ山かけです。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx1xxx です。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。

 ■ゲート越え (TOやURが「レピータ」の時)
  呼出例:Jx7xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ
      です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7xxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURを「さいたま南」にするか RX-CS を押して
       TOやURを「JR1UTI」にします。

 ■DVゲートウェイ(ターミナルモード・アクセスポイントモード)
  注:DVゲートウェイは、必ず「ゲート越え通信」になります。
  呼出例:Jx7xxx こちらは JR1UTI、ターミナルモード(アクセスポイント
      モード)から須賀川レピータです。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7xxxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。

 ■dmonitor
  〇山かけ運用
  呼出例:Jx1xxx こちらは JR1UTI、dmonitorから須賀川レピータ山かけ
      です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7zzz です。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7zzz 同じくdmonitorからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。
  〇ゲート越え運用
  呼出例:Jx7xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ
      です。dmonitor運用です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:JR1UTI こちらは Jx1xxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURを「さいたま南」にするか
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。

特定の局を呼び出す場合(「コールサイン指定呼出」の場合)
 ・TOやURに呼び出したい局のコールサインを設定して呼び出しをする場合
  です。この方法を「コールサン指定呼出」といいます。
  注:TOやURに呼び出したい局のコールサインを設定しない場合は
     「コールサン指定呼出」ではありません。
 ・「コールサイン指定呼出」の時は、呼び出す相手局が最後にアクセスした
  レピータにつながります。山かけかゲート越えになるかはわからないため
  「山かけ」とか「ゲート越え」とかのアナウンスはしません。
 ・呼び出す相手局が最後にアクセスしたレピータが、自局がアクセスしている
  レピータの場合はゲート越えにならず、山かけになります。

  ※相手局が自局と同じレピータを使用している場合(山かけ)でも、TOやURは
   相手局のコールサインを設定したままでQSOをしても問題はありません。
参考:
・コールサイン指定呼出 とは? こちら もぜひご覧ください。
・RX-CS操作方法は こちら(PDF) です。

 ■レビータで呼び出し
  呼出例:Jx1xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータからコールサイン
      指定です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:応答方法@の例を参照

 ■DVゲートウェイ(ターミナルモード・アクセスポイントモード)で呼び出し
  注:DVゲートウェイは、必ず「ゲート越え通信」になります。
  呼出例:Jx7xxx  こちらは JR1UTI、ターミナルモード (アクセスポイント
      モード) からコールサイン指定です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:応答方法Aの例を参照
 ■dmontorで呼び出し
  呼出例:Jx7xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータからコールサイン
      指定です。dmonitor運用です。
      お聞きでしたらQSOをお願いします。
      どうぞ
  応答例:応答方法@の例を参照

 応答方法
 @ レピータ又は、dmonitor からの呼び出しに応答
  〇呼出局と同じレピータ(山かけ)で応答
  応答例:JR1UTI こちらは Jx1xxx、さいたま南レピータ山かけです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURは「CQCQCQ」でOKです。
       RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にする必要はありません。
  〇呼出局と違うレピータ(ゲート越え)で応答
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7xxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は、TOやURを「さいたま南」にするか RX-CS を押して
       TOやURを「JR1UTI」にします。
 A DVゲートウェイ(ターミナルモード・アクセスポイントモード)からの呼び出し
   に応答
  注:DVゲートウェイで運用している局に応答する場合は、TOやURに
    相手局のコールサインを必ず設定する必要があります。
  応答例:JR1UTI こちらは Jx7xxx、須賀川レピータからです。
      どうぞ
      ※応答する時は RX-CS を押してTOやURを「JR1UTI」にします。



※変かな?,間違ってる? 呼び出し方 (単なる、ことばの使い方だけですが)
 ・ Jx7xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ
   コールサイン指定です。
 ・ Jx7xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ
   ゲート越えコールサイン指定です。
 ・ Jx1xxx こちらは JR1UTI、さいたま南レピータ、山かけコールサイン指定
   です。
 ・ CQCQCQ こちらは JR1UTI、さいたま南レピータから須賀川レピータ、
   Jx7xxx コールサイン指定です。
 ・ CQCQCQ こちらは JR1UTI、さいたま南レピータ、山かけJx1xxx コール
   サイン指定です。

 何がおかしいか、わかりますか? (ヒントは下線部分)

正解と解説や他の例は こちら です。


※不要です?
 ■最初に「○○レピータお借りします。」
 ■最後に「○○レピータ各局、ありがとうございました。」
 ■レピータを使用する時の「チャンネルチェック」


関連ページ
 閑話休題
 D-STAR用語集