コールサインの設定や登録を間違えているとゲート越えしません!

【重要】レピータを使用する時はJARL D-STAR管理サーバーに自局のコールサイン
    を必ず登録する必要があります。 解説は こちら です。
 JARL D-STAR管理サーバーへの登録は無線機の登録ではありません
 コールサインの登録です。
 ・使用する無線機の登録ではなくコールサインの登録」ですので、使用している
  すべての無線機を登録する必要はありません
  ※無線機の登録が必要と勘違いしている局がありますが、無線機の登録ではあり
   ませんので、無線機が増えても増設申請をして免許になれば増設した無線機を
   管理サーバーに追加登録をしなくてもD-STARの運用をすることができます。
 ・設定ミス未設定になっている場合や識別を含めてJARL管理サーバーに登録して
  ない場合は、山かけ通信はできますがでゲート越え通信はできません。
ゲート越えで常に RPT? が返ってくる時は、特に注意

無線機の自局コールサイン設定(MY)に、設定ミスがある局が見受けられます。
 左詰めで、JARL管理サーバーに登録した通りに設定します。
  参考:D-STARユーザーの方へ (JARL D-STAR NEWS) 2022/07/12 追記
 ※自局が免許されている複数の無線機に同じ設定をしても問題ありません。

ポイント:1桁目から8桁目まで、正しく設定できていればOKです。
・無線機の自局コールサインの設定画面は、下記の表のようになってい
 ます。
 7桁目までがコールサインで、8桁目識別符号(旧 無線機名)です。
/の右は任意設定で4文字まで設定できます。D-STARシステムには
 影響しませんので、任意の文字かブランクのままでも問題ありません。
 機種名を入れる必要もありません。
 桁→ 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4
例1: J x 1 x x x /  識別なし
例2: J x 1 x x x / H O M E  識別なし + 任意4文字
例3: J x 1 x x x A /  識別は8桁目
例4: J x 1 x x x A / I D 5 2  識別あり + 任意4文字
例1と例2、例3と例4は、D-STARシステムは 同じ
 コールサインとして認識します。
D-STARシステムは、Jx1xxxJx1xxx A違う
 コールサインとして認識します。
※メッセージ(送信メッセージ)も、未送信(設定はOFF)でも任意の文字を
 入れてもD-STARシステムには影響しませんので自由に設定できます。

識別は必ず付ける必要はありません。
 ・識別とはコールサインに A や B などを追加する登録で、JARL管理サーバーの
  登録画面の「識別符号」(旧 無線機名)となっているところです。
 ・D-STAR通信に慣れるまでは、識別は「なし」を推奨します。
 ※コールサイン指定で呼び出すときは、呼び出したい相手局が最後にアクセスした
  レピータに接続されます。
  相手局が識別なしでレピータAにアクセスしてその後に識別を付けてBレピータ
  にしてアクセスしてBレピータをワッチしていると、呼び出す側が識別なしで
  コールサイン指定で呼び出すとAレピータに接続されるため、呼び出したい局は
  Bレピータをワッチしているため相手局は呼び出されたことがわかりません。
  (相手局は聞こえません)

設定の例(識別を付けた時は特に注意が必要)
 自局コールサイン設定(MY)や相手局(TO)のコールサイン設定です。
 ・識別(コールサインに付加する AやBなど)を含めて正しく設定されてない場合は
  ゲート越え通信はできません。
  Jx1xxxx と Jx1xxx A はまったく違うコールサインになってしまいます。
 ・識別の設定は、JARL管理サーバーの「識別符号」(旧 無線機名)で登録したものを
  無線機の自局コールサイン(MY)や 接続先設定 TO の 8桁目です。
   2022/07/12 一部追記
正しい設定の例
  桁→ 1 2 3 4 5 6 7 8
@ J x 1 x x x  識別なし
A J x 1 x x x A  識別は必ず8桁目に設定
B 8 N 1 M O M O  記念局、特別局
 ※@とAは違うコールサインとして認識されます。

間違っている設定の例
桁→ 1 2 3 4 5 6 7 8
@ J x 1 x x x  1桁目がブランクは NG
A J x 1 x x x  間にブランクがあるので NG
B J x I x x x  3桁目が 1 でなく I になっているので NG
C J x 1 x x x / 7  / と 7 が NG
D J x 1 x x x 7  8桁目の 7 は NG
E / J x 1 x x x  1桁目に / は NG
F T E S T  コールサインでないので NG (意図的?) 
 ※Eはレピータ局以外の場合です。TOにレピータを設定する場合は
  1桁目に必ず / を付けます。
  (例:/JP1YLQA 8桁目の A はレピータ局の識別)

 無線機にコールサインを設定する時の注意こちら(PDF) です。

TO の設定も同様です。
 コールサイン指定で呼び出す時の「TO」に設定するコールサインも識別を含めて
 上記と同じように設定してない場合は通信ができません。
 ゲート越えで応答する相手局側も、同じように設定されている必要があります。