LOGO作り方の紹介「フォー・ガー」

コメントコメント

 ベトナムのビーフン麺を使った鶏肉うどんです。唐辛子の量によって、さっぱりにもビリ辛にもできます。本場では、スープに色々な材料が入り、味も様々なようですが、粉末鶏ガラスープで、簡単に作っちゃいます。ビーフンの茹で過ぎに注意しましょう。また、生のもやしが苦手な人は、フォーが茹で上がる頃に、スープに入れておくと、少しが火が通りますので、お試しを。

材料材料(4人分くらいかな)

材料

  • 乾燥フォー 400g
    • 乾燥ビーフン麺。ベトナム産がいいのですが、無ければタイ産の中太麺でもOK。
  • 水 1200cc
  • 鶏ガラスープの素 1200ccのスープを作る量
  • 鶏もも肉(皮付き) 200g
  • ニョクマム 大さじ4杯
  • パクチー 葉のついた茎が5〜6本くらい
    • 春菜(シャンツァイ)、コリアンダーとも言います。独特の味と香りがありますので、苦手な人は入れなくてもよい。
  • 唐辛子 ゴマ粒くらいの切れ端を5個くらい
  • あさつき 10本くらい
    • 万能ねぎ3本くらいでもよい。
  • もやし 100g
  • ライム 1個
  • お湯(フォーを茹でる) 10リットルくらい
  • お湯(フォーを温める) 3リットルくらい

道具

  • 包丁 材料を切るのに使う
  • まな板 材料を切るのに使う
  • 鍋(中) スープを作るのに使う
  • 鍋(大) ビーフン麺を茹でるのに使う
  • 鍋(中) ビーフン麺を温めるのに使う(ボウルとポットのお湯でもよい)
  • ザル(大) 茹でたビーフン麺を洗う
  • オタマ アクをすくい取るのに使う
  • 小さじ 鶏ガラスープを計る
  • お皿(小) 切ったあさつき、パクチー、ライムを入れる
  • お皿(小) パクチーを入れる
  • お皿(小) 洗ったもやしを入れる

作り方作り方

1 事前準備

  • 鶏もも肉を2〜5mmくらいの薄切りにする。
  • もやしを洗い、お皿に載せて取っておく。
  • ライムを4つ切にし、お皿に載せて取っておく。
  • あさつきを1mmくらいの長さの細切れにし、お皿に載せて取っておく。
  • パクチーの茎だけ2〜3本を、長さ2〜3cmの長さに切り、お皿に載せて取っておく。
  • 残りのパクチーを、1〜2cmの細切れにして、お皿に載せて取っておく。
  • 唐辛子を、1〜2mmくらいのゴマ粒くらいの大きさに切り、茎だけのパクチーのお皿に取っておく。

2 調理(スープ)

  • 1200ccの水と鶏もも肉を鍋に入れ、ガス台に載せる。
  • ガス台の火をつけ、火の大きさを鍋の底の大きさにする。
  • 沸騰してきたら、火の大きさを鍋の底の半分の大きさにする。
  • 途中、浮かんできたアク(泡のようなもの)をすくって捨てる。
  • アクが少なくなったら、粉末鶏ガラスープを入れる。
  • 粉末鶏ガラスープが溶けたら、茎だけのパクチーと唐辛子、ニョクマムを入れる。
  • 味見をし、味が薄いようならニョクマムや唐辛子を追加する。
  • 火を、消えない程度の一番小さな大きさにする。

3 調理(フォー)

  • 鍋に茹でるためのお湯(10リットルくらい)と、温めるためのお湯(3リットルくらい)を、別々に沸かす。
  • 沸いたお湯に、乾燥フォーを入れて茹でる。
  • 茹で上がったフォーを、ザルにあけ、水でフォーのヌルヌルを洗う。
  • 洗ったフォーを温め用のお湯で温める。

4 仕上げ

  • フォーを器に盛る。
  • スープを注ぐ。
  • 鶏もも肉、もやし、あさつき、パクチーを載せる。

4 完成

  • お好みで、ライムを絞って入れる。
  • 食べる。
  • うまい ?
ロゴCopyright (C) 2006 k-ogasa. All Rights Reserved.