トップページへ

第1話 本格てぎ(?)カレー

 日本人が カレーって しゃべる どぎは 、白い まま・黄色い ドロドロ・あげ ねんじ・白い じゃがいも ごろごろど はった ゴロゴロカレーっとば かんがえるど 思る。おらも、ずっと この ゴロゴロカレーっとば 好物さ してらんだばって、ほがにも スープカレーだの ペーストカレーだのも あるんたって わがれば、もう 辛抱 きがね。どんでも 本格てぎだ カレーば くてってす 欲望が、ぐあっと わいできて からだ ねんつけでまるんた。で、その手の 本がら、インドで いじばん 基本だど 思った やづっとば 本格てぎカレーだって 決めで、さっそぐ こへるごとさ した。

 本格てぎカレーの いじばん いいどごは、分量が まんず 適当だってす どごだ。こへるじぎ、なんぼが ハードル 越えねば まねんたばって、まずは トライ。

 はしめにして いじばん おっき ハードルは、「タマネギの すりおろし」。どずごとはね、のっつのっつど 2個分の タマネギっとば おろせば いんだ。んだばって、泣いでも 泣いでも ねぐなねや。く〜。そいでも、ここで やめれば、ぐおっと 突ぎ上げる 本格てぎ カレーに 対する 欲望っとば 満たすことは できね。根性 へで すりおろし おしまい。

 「タマネギの すりおろし」っとば 乗り越えれば、次の ハードル あんぐりど くぢ あげで まってら。「タマネギ いだめ」だっきゃ。何づごこねえ のっつのっつど いだめれば いんだ。いだめで いだめで いだめまぐるんだ。延々 2時間、しかも、こげらがせば まね。キヅツネ色っとば 通り越して、あめ色、さらに 紫だけった 黒の 悩殺 さるまだ色さ なるまんで。んだばって、たんだ いだめるばいだば おもしぇぐね。こいだば まねって ビールっとば グビッと 飲むごとさす。めえ。タマネギがら あがってくる、なんだが あめえ かまりっこさ つづまいで、ビールさ ほっぺたっこ あげぐして、タマネギっとば 悩殺さるまだ色さ いだめる 酔っぱらいだんだ。

 こやって 「タマネギ いだめ」っとば 乗り越えで、カレー粉がら はしまって、いろんだ 材料っとば 適当に ドバドバっと へでれば 本格てぎカレーだっけに なってくる。ここで しめえの ハードル、まんだ あんぐりど 待ってる。「味付け」だね。ゴロゴロカレーの 味さ ないでまった おらさだっきゃ かればしで どうも 味さね。そこで、ケチャップだの タバスコだのっとば ドバドバっと へでみる。それらし 味付けさ なったころ、本格てぎカレーのはんづが、まんづ 邪道てき 悩殺さるまだカレーの でぎあがりだ。

 まあ、酔っぱらった わだっきゃ そんたごと どんでも いくて、ばげままの したく さぼった パートナーの つら 見ながら、まんだ ビールっこっとば 飲む おらだ。

つれあいの ふとごど

 脂ばいだし、しねし。なんとが してけろ!

トップページへCopyright (C) 1996 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万