トップページへ

第5話 おまめさんは 冬こへろ(つがる弁訳)

 おら、あっけらど してまった。目の前さ 豆ぇある。
 つれあいのえがら おぐらいで きてまった。
 「おらさ、豆、に、ろ、ってな…!?」
 煮豆だば、つれあいも おらも、好物だ。

 んだばって、ままさ ではってくる前の 豆だば、なんて しゃべるんだがさも あやしぃ。「これ、うずら豆?」「ささぎ?」「金とぎ豆?」「あづぎ?」こめんだ。水で ふやがす前の 豆だっきゃ ちせふて、あだりめだばって、かで。なんだかんだって しゃべってらばって、金とぎ豆だんでねべがってごとさなった。

 どへばいべ。

 考えでもみれば、おらの かっちゃ、豆煮るんじ、じょんずだったんだ。どしたらだ豆でも、くゎさねんで、きいがだね、ふっくらど 煮る。「料亭の豆」だ。ひとっつ、やってみるべ。「あんこ こへらぁ!!」って もつけさ かがってまる。

 季節は 冬。あんべっこいぐ ストープっこ ではってらね。
 かっちゃ いっつも ストープっこの 上で クツクツクツクツって、煮でらっきゃな。
 よし、明日だば いぢんぢ えさいる。
 今日がら 水さ つけでおが。

 次の日の あさま、豆っこ おっきぐなってら。いいあんべっこだなぁって 火さ かげる。水 うってへで、「親指とひとさし指で はさんで つぶいるぐらい」さ なるまで 煮る。「ぐらぐらど にだってまれば、豆の皮 さげでまる…」って しゃべってらとおり、みんでみんだっきゃ、みんな、じゃぐじゃくど さげでら。

 こいで、「料亭の豆」こへる 夢っこ けでまった。

 んだばって、味で 勝負だね。ギリギリの遠火さすんつさ、ナベの 場所かえで、ひたひた、よりもちょっとよげめの つゆさ、のっつど、さどう へる。味見んで。甘ぐねな。さどう たす。甘ぐね。つゆ 煮しづまってくれば…甘ぐねたっきゃあ!!

 体重計 脳裏っとば かすめる。カロリーだじがさ、ダイエットだじがさって 気になるっきゃ。んだばって、やめらいねお。こごろ 鬼さして、ドバドバど さどう へる。あんべわりぐなるほんどへだ さどうっこ、豆っとば てかてかって さへできたぁ。ださも しゃべねんでおがねば まねな。クツクツって あづましおど リズミカルに 続ぐ。甘え ぬぐいったらだ かまりっこ 冬のえのながさ、ほわっと してくる。「めえもの くて はえぐ死ぬんだば 幸せだね」って ぬぐいコダツさ はって 考える。

 どら、やっと あめーぐなってきたお。んだばって もふとっつ ぼやっとした味。

 ここで 塩っこだ。思ったよりも よげだ塩。なんとがかんとが かっこつけだ おらの煮豆。出来上がりは、甘みっこひかえめだ。「あらほんど さどうへで、こしたらだもんだんだが…。」おっかねな〜。

 皮さげで、半分溶げた 煮豆だばって、なんだかさ ぽかぽかった 一日であった。つれあいさだっきゃ しゃべねんでおげば いんだ。

教訓

 「おまめさん」は 偉大だ。だばって、のれそれ さどう使ってるんじだっきゃ、まぢがいね。

トップページへCopyright (C) 1996 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万