トップページへ

第10話 教育的芋煮会(おいたま弁)

「芋煮会って、河原で グループで 楽しむ アウトドア料理なんべ?」
「うん、まあ、んだな。」
 言葉、濁し 苦笑い 浮かべで 遠い 目した ひとだったら、その人は 生粋の 芋煮会圏民 だべな。

 おぼごの ころから 芋煮会 しった 芋煮会圏民だげど、小学校に 入っと、それが、行政が かがわっった 地域文化だったって わがる。学校 あげての 行事に なってだ 芋煮会に、児童は 気づくんだ。「あそびで ねんだ」と。

 芋煮会は 6年生 4人に 1年生 4人 つう グループで やる。おっきな 子は、ちゃっこい 子の 面倒 見なんね。じょさない ごどを ちゃっこい 子に させで、おしぇで けんなんね。つくってる あいだに、ちゃっこい 子が あぎねよに レクリエーションも 考えなんね。グループは、買い出し係・かまど係・調理係・レク係に わかれる。
 買い出し係は あだま 使う。何を どんだけ 買えば いいが。牛肉 100gあんて どんだげだが さっぱし ほだえない 小学生が あだまやめ しながら 考える。前の日に スーパーに 買いに 行く。牛肉の 値段が ぴんから きりだ。「芋煮に 使うなだげど。」って 店の ひとさ 聞いで、買い出し 任務終了だ。

 かまど係は 責任重大だ。かまどが 出来ねど 芋は 煮えねなだ。その 大任を じょさなぐ こなす 奴が いる。「かまど名人」だ。勉強も 運動も ぱっとしね 奴だ。どっちかってえと 無口で いっか いねが わがんね 奴だ。そいつが 手際よく 石どが ブロックどが 並べで、薪の 組み方、たきつけの 使い方、こまかい どごまで 行き届いた かまどを 作り上げたり する。生活能力を 感じさせる こういう奴は、どっか 深い どごで 女心を くすぐって、一目 置かれる 存在どなる。

 一見 大変そうだげんど、調理係は いたって 気楽なんだ。こんにゃく、里芋、豆腐、牛肉、長ネギを 煮て、砂糖、しょうゆ、みそ、酒 なんかで 味つければ いいんだ。秋晴れの 空、澄んだ 空気、空腹感なんかが、多少の 失敗も みえねぐ してける。
 レク係は 体 使う。「たいそうの おにいさん」どが「うたの おねえさん」が ででくる。かまど係が 上級生の ヒーローだば、レク係は 下級生の ヒーローだ。
 適材適所の 役割分担、各々の 能力と 努力。「時間内に うまい 芋煮が 食えるべか」つう すごぐ シビアな 評価を 伴う、実に 教育的な 芋煮会なんだ。

 中学ど なっと もう皆、いっぱしの 芋煮 名人に なってる。ところが あだらしぐ 試練が ででくる。マラソン大会と 芋煮会が いっっしょくたに なんなだ。朝っぱら、芋煮会場 めざして 走って、やっと ついた 先で かまど 作りだず。こわくて、腹減って、でも 作んねど かんにんだ。調味用の 酒、飲んだどがって 補導される やからも 出でくる。実に 体育会的な 芋煮会と なんなだ。

 芋煮会圏民にとって 芋煮会は、おおいなる 社会勉強の 場 なんだ。自然と ふれあい、労働と 汗の 後の 食い物の うまさを 学び、生活の 知恵を 身に つけ、社会的人間形成の 糧ど なんなだ。そうして 立派な 芋煮会圏民と なった わたしったは、田舎を 遠く 離っち 秋の 行楽シーズンに 店頭で 里芋を 見っと、やるせない ため息を つくなだ。

教訓

 パートナーに すっときゃ「かまど名人」

トップページへCopyright (C) 1997 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万