トップページへ

第12話 愛情のしょうがスープ(つがる弁)

 つれあい、かんじゃ ふいだ。滅多に ねごとだ。
 しかも ねづも ではってる。滅多に ねごとだ。

 普段、手かがね つれあいだはんで、寝でまったりせば わ おもしれ。「おもしれ」が「じゃまくせ」さ 変わるまんで、三日も かがねんだばって、まんづ はしめは ただ めんづらしふて、ちょしてんだ。にわねんだばって、こまこまど 世話っこ してふてしてふて しょうがねのし。
 んだばって、手かがね つれあいだっきゃ、ふとりこして まぐらもどさ はなかみど ごみ籠 おいで、ふとりで 買ってきた 薬 のんで、あづ ねまぎ きて、あへ かげば とりげで、たんだ 寝るんだ。たんだ 寝って、起ぎでくれば、あんつかづんづ 顔色いぐなって、ねづも 下がってくる。かんじゃ ふいだじぎ どせばいが 分がってるんだっきゃな。

 えさ いでも、話の あいでさもなねし、やってけねばまねごとも ね。まぐらもどさ 寄っていっても、たんだ 寝でるんだ。おもしれぐね。せんだぐ物ばり よげさなるんだばって、つれいあ あんべわりじぎ してけねいごと、「せんだぐ」だづのも、何だがさ おもしれぐね。
 そしたつれあいも ねづ ではってれば まましたぐさいね、わ やるんだばって、かんじゃ ふいで ままくてぐね ふとさ かへるものってせば、大体決ってあって、消化いふて、体ぬぐだめる、おがゆだじがさ、うどんだじがさだ。無難だな。

 ふとりこで暮らして、いじばんしげねんじ、かんじゃで ねでるじぎだ じ話だ。しげねふて、しげねふて、どすもなねんだど。んだべさ、んだべさあ。せば、こしたじぎ、つれあい いでいふてあったなって、痛感さへる 絶好のチャンスだ。ばげままさ、あへ のっつどではって、明日朝 ねづ すっかど下がって、ありがでもの なんが こへねばまね。つれあい 思ってもみねものい。「おろー」って 感心さいれば、株も上がって、なんにじがして、おら ねづ出はったじぎ、ありがでぐ、世話してもらうねいってもんだ。

 そごで、しょうがスープだね。
 しょうがってへば、やぐ味だ。やぐ味ってへば、薬だ。さがなの かまり取るばしでねぐ、殺菌効果もある。体 ぬぐだめで、あへ ださへる 陽性の食い物の 親分だね。漢方やぐでも 有名だ。体さ わりわげね。
 しょうがの皮 むいで、針だっけね 細ぐ 千切さす。絶対 みんつさ さらせば まね。でっけうづわさ 針しょうがっと やまっこさ 盛る。そごさ、でぎだばりの、あっつコンソメスープ のれ へる。以上。大胆で シンプル。ふつけで のめば、かれ。のんど びりびりどす。んだばって、飲むそばがら あへ ではってくる。飲み終わる頃さなれば、つら 真っ赤っかで あへ だらだらだね。

 さあ、明日のあさまの 感謝のこどば たのしみだい。

教訓

 喉 いでづぎ、やめるべ。

トップページへCopyright (C) 1997 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万