トップページへ

第13話 いぐ げんどは やぎ芋だ(つがる弁)

今 ちょんど やげでら さんづま芋の図
まさに焼けてるさつまいもの図

 おらだづがら いぢばん かげ離いでるものってへば、豪放だづがさ、野生だづがさ、強健だづがさづものだ。暮らし向ぎだっきゃ、まんづ しんつかで、まんづ平和だんだ。
 とごろが、たまーに 冒険してみてぐなって、いぢばん とげぇアウトドアだのさ 憧れだり すんだ。おらだづ、やれ虫さ かいるだづがさ、寝ごごぢ わりだづがさ、雨 まいねだづがさって、ながなが実行さね。とにかぐ、やってみればいんだばってなぁ。

 迷って迷って、そいでも こいだば まねどもって、虫も ふとも いね 晩秋に、寝ごごぢいい 布団 ついだ、山のバンガローっとば かいるごとさ した。
 やはり、アウトドアの醍醐味だば 焚ぎ火料理しか ねぇ。定番は、バーベキューだづがさ 焼きそばだづがさ、そしてビールっこだべな。こーこって燃える火、肉だの脂だの ジュッて やげる おど。まんづ いんだね。

 んだばってさ、ふとど おんなじごどしても、ふとっつも おもしぃぐね。どうせ いぐんだはんで、普段できねごど やってみてっきゃ。なまいぎだばって、こごろざしは たげがったりすんだ。どなれば、こごは やぎ芋しか ね。落ぢ葉で やぎ芋、あのホクホクづ あんべ、ん〜、たまんねっきゃなぁ。
 そせば ぐうぐうど やるべ、さんづま芋ど炭っとば、軽じんどしゃさ つけで、燃えでるんだけった紅葉のバンガローさ レッツゴーだ。

 焚き火だはんで、まぎ ねば どすもなねんだ。炭しか ねんだきゃ、いっつね つぐしてまってるんだ。枯れ枝 あづがら集べ、そづがら集べで、点火! ありゃ? 雨で湿気してまったんだがさ、ながなが燃えでけね。枯れ葉 くべる、煙 もあもあ〜って。前途多難だ。あっちゃ どんづで、こっちゃ あおいで、しばらぐ格闘してらっきゃ、やぁっと 火 燃えできたはんで、さんづま芋投入だ。妙に でったらだ芋っとば、妙に でったらだまま 投入す。豪放だづがさ 野生だづがさ 大切だんだ。強健だば どすもなねはんで、割愛さへでけろ。

 無事、さんづま芋 くべだどごで、まわり 見んでみる。焼きそばの 豪放だ湯気だの、バーベキューの野生のかまりだの ぼがぼがどして、ビールっこで ワイワイど やってる ふとだづの かん高ぇ声で にぎやがだ。みんな、まんづ わがりやすアウトドアだっきゃ。そしたらだどごさ、焚ぎ火してるんず、おらだぢ、ばいだ。しかも、あおいだり、竹筒で、吹つけだり、火力調節だの、足いねぐなった 枯れ枝っとば あづべだりで、まんづ あへづがし。晩秋だんだばって あへ かいで、中腰姿勢で、足がだがだとすし かまどの めぇさ たたずむ すがだも 情げね。何だがさ ほがのふとだぢど、生ぎる姿勢だづがさ いぐ けんどだづがさ、なんだがさ つがるふうにも めるばって、今は いぐ分がね。

 芋 とっこらがして、焼げでら あんべっこ みる。とぐ別 高度な技も いらねばって、すっかり あだりも くれぐなって、時間ばり 過ぎでいぐ。腹も猛烈に減ってきた。ひもじ。
 あ〜、い〜いかまりっこ。やっと 出ぎ上がったんたな。とにかく ひもじ、そこらへんの 石さ 座って、無心に 皮っこ むぐ。黄色ふて、ほっこらど してる。口さ へれば、はらはらって 崩いでいぐ。は〜。まんづ めぇ。ホクホクって めぇ。泣きてぐなるほんど めぇ。わらはんどの じぎに 食ってがらの、なつかし味だ。

 まあ、生ぎる姿勢だづがさ いぐ けんどだづがさは、とりあえず おいでおいで、この めぇ 焼ぎ芋で、こごろの そごから 幸せさ なるにいいのも、まんだ いいもんのだね。どんだべが?

つれあいの ふとごど

 疎開生活だけったな・・・

トップページへCopyright (C) 2005 k-ogasa. All Rights Reserved.

たぶん12万